フレアフレグランス 城崎広告

フレア フレグランス スペシャルインタビュー

原 愛莉佳さん花王株式会社 コンシューマープロダクツ事業部門 ファブリックケア事業部
フレア フレグランス 開発担当

王アタック
中の人さん
花王株式会社 コンシューマープロダクツ事業部門 ファブリックケア事業部
花王アタック (お洗濯全般)@kao_attackjp
公式ツイッターアカウントの中の人

香りで気分転換をしてピンチをチャンスに変えてほしい

気分に合わせて選べる5つの香りと汗・水分に反応する香りセンサー技術により毎日の洗濯を香りで彩ってくれる「フレア フレグランス」。開発担当の藤原さんにその秘密や柔軟剤の使い方について詳しくお話をうかがってきました。

●「フレア フレグランス」の狙い

水上:本日はよろしくお願いいたします。「城崎広告」のチアリング社員にとってはもうおなじみの「フレア フレグランス」ですが、今のラインナップは2018年にリニューアルされたものと伺いました。どのような狙いをもったリニューアルだったのでしょうか?

藤原:「フレア フレグランス」の開発ではユーザーの方をお呼びして、「どんな使い方をしていますか?」や「どのように感じていますか?」といったインタビューをさせていただくことがあるんです。そこで「着用中はずっと香りを感じていたい」という声が多く聞かれたので、12時間華やかな香りが続くという残香性アップの改良を行いました。

中の人:柔軟剤に限らずどの製品も、変わっていないように見えても実はどんどん改良されているんです。改良にも中身が微妙によくなっていてパッケージがあまり変わらないものもあれば、パッケージを含めて大きく変える場合もあります。お客様のニーズが時代とともに変わりますので、それを把握しながら日々アップデートしているんです。「フレア フレグランス」のリニューアルもそのひとつですね。

菱乃木:それは知らなかったよ! 製品開発に終わりはないんだね。「香りセンサー」ってどんなものなの?

藤原:汗や体温、それから体の動きに反応して香りが飛び出してくるという花王独自の技術です。香りセンサーがあることで、少し汗をかいたり体温が上がったときなどに、それに反応して香りが漂ってくるんです。そのため長い時間、香りが楽しめるようになっています。

中の人:汗や体温に反応するというのは、ほかの柔軟剤にはない「フレア フレグランス」だけの特徴です。プレゼンの最中など一気に汗をかいてしまったときにも、フレアフレグランスは香ってくれたりします。

水上:画期的ですね。汗をかいてしまってにおいを気にする場面を、良い香りがサポートしてくれる場面に変えてくれるということですから、頼もしいです。

水上:一般的には香りが続くと言われると、強い香りが少しずつ弱まりながらも持続するイメージを持ちがちですが、香りセンサーはそうではない特別な技術なんですね。

藤原:おっしゃるとおりです。常に香っているのではなく汗をかいたりするたびにフワッと香りが漂ってくるので、鼻が慣れることなく香りを感じ続けられます。

菱乃木:まさにそこが「フレア フレグランス」のすごいところなんだよね! そうだ、ボクこう見えてメカの開発とかモノづくり大好きだから気になっちゃうんだけど「フレア フレグランス」のパッケージも実は結構こだわりがありそうだな~なんて思うんだけど?

藤原:優しい雰囲気のパッケージや個性的なパッケージなど、それぞれの香りに合わせてデザインしています。ボトルの形状もトルソー(胴体部分のみのマネキン)型を採用し、女性でも手に取りやすい形を意識して、さらにパッケージを一目見ればお気に入りの香りを見つけられるように工夫しました。

菱乃木:たしかにしっくりくる形なんだよね。うん、勉強させてもらっちゃおっと!

水上:香りには5つのバリエーションがありますが、どのようにしてこの5つに決まったのでしょうか?

藤原:基本的には色々な調査をして、お客様の声をもとに香りの調整をしていきます。あとは香りの分布的に同じようなものにならず、それでいて多くのお客様の声に応えられるようにポジショニングさせていただきました。

水上:なるほど。では、それぞれの香りについて教えてください。

藤原:こちらがマッピングのイメージです。横軸の左がさわやかさ、右がリッチな甘さと設定していまして、中央に位置するのが「ジェントルブーケの香り」です。とても優しいフローラルでフルーティな香りなので、家族みんなで使っていただけるのではないでしょうか。そこから左に位置する「フラワーハーモニーの香り」はグリーンアップルが効いたさわやかな香りなので、男性にも使っていただきやすいと思います。右に位置する「フローラルスウィートの香り」は王道のフローラルという位置づけで「香りの柔軟剤」として王道のイメージを意識しています。

中の人:実は「フローラルスウィートの香り」が一番支持されています。「フレア フレグランス」に限らず、香り系の柔軟剤の中で最も人気がある香りなんですよ。

藤原:続いて縦軸の位置づけですが「濃密な甘さ」と書かせていただいた「ドレッシーベリーの香り」は、ベリーの香りがフルーティな親しみやすさを持ちつつも、カカオを入れることで少し大人っぽい印象に仕上げました。ほかにはない唯一無二の香りなので、根強いコアなファンがいらっしゃいます。そして「ヴェルベットフラワーの香り」ですが、こちらは香水のような香りで柔軟剤のイメージを越えた高級感を感じていただけると思います。

中の人:香りは人によって感じ方が違いますし好みも人によって異なるので、香りや匂いが苦手な方が近くにいないかなど、周囲の人のことも考えながら用途に合わせて使っていただければと思います。

もそも柔軟剤を使うとどんな良いことがあるの?

水上:ここからは先日公開させていただいた柔軟剤あるある漫画の内容も踏まえつつ、柔軟剤について僕たちが抱きがちな疑問をひもといていければと思います。

菱乃木:まずは1つ目の疑問! 洗剤と柔軟剤が分かれて製品になってるけど、そもそも柔軟剤を使うとどんなイイコトが期待できちゃうのかな?

藤原:柔軟剤は「柔軟仕上げ剤」という名前のとおり、使用することで衣類がふんわりと柔らかく仕上がる柔軟効果があります。さらに静電気を防いだり、洗濯じわがつきにくくなったり、抗菌防臭などの効果もあります。

水上:洗剤だけでは得られない効果が期待できるんですよね。でも残念ながら、うちの社員でも今回のプロジェクトに関わらせていただくまで柔軟剤を使ったことがなかったなんて言われるんですよ…

中の人:最近はかなり使用率が上がってきていて、多くの方に使っていただけているようですよ。もちろん毎回使う方もいれば、数回に一度だったり、洗うものによって使い分けている方もいます。

菱乃木:おおっ! 結構みんな使ってくれてるんだね。もちろんお2人は愛用してるのかな?

藤原:洗濯機を使って洗濯をするときは毎回使っています。

中の人:実は入社前は柔軟剤を使ったときの効果について、あまり理解していませんでした。今は仕事にしているということもありますが、柔軟剤を使ったときの効果を実感しているので、使うことが多くなりましたね。

菱乃木:でも……洗濯に必要なのは洗濯用洗剤だけ! って人もいるんじゃない?

中の人:汚れを落とすだけなら洗剤だけでも可能です。「フレグランスニュービーズ」など、柔軟効果のある洗剤もあるのでそちらを使っていただいている方もいますよ。

水上:そういった柔軟効果のある洗剤を使う場合、さらに好みの香りの柔軟剤を入れてもいいいんですか?

中の人:使っていただくことも可能ですね。

水上:「エマール」などのおしゃれ着用の洗剤で洗濯をする場合にも柔軟剤を使うことはできますか?

中の人:もちろん使っていただけます。柔軟剤は「ハミング」などの肌触りや防臭に特化したタイプや、香りを意識した「フレア フレグランス」など特徴に違いがありますから、用途にあわせて選んで使っていただくといいと思います。

軟剤の正しい使い方、いれるタイミングについて

菱乃木:次にききたいのはやっぱり正しい使い方かな~。洗剤と一緒にいれちゃうのはやっぱりダメだよね?

藤原:全自動洗濯機の場合は柔軟剤を入れる投入口やポケットがあると思うので、洗濯を始めるときに入れていただければ最後のすすぎのときに、水と一緒に柔軟剤が流れ出るようになります。手洗いで洗濯をする際や二層式の洗濯機の場合には衣類を洗い終わってすすぎをし、すすぎの水がきれいになった段階で柔軟剤を入れていただいて、再びすすぎをしていただければ大丈夫です。

中の人:柔軟剤投入口がない洗濯機の場合に、柔軟剤を洗剤と同じ洗濯槽に入れてしまうのは避けてください。洗剤の衣類に作用する力と、柔軟剤の衣類に作用する力。どちらの効果もなくなってしまうので、最も避けていただきたい使い方です。「ワイドハイター」などの漂白剤は洗剤と一緒に入れていただいて問題ないのですが、柔軟剤は一緒に入れないでください。これは意外と多くの方が知らないことで、何を隠そう実は私も入社前は常習的にやっておりました(白目)

水上:柔軟剤の裏能書や洗濯機の説明書にはもちろん使い方が詳しく載っていますが、実際ご家庭によって使っている洗濯機や環境も違いますから、どうすればいいのかわからないまま、という方もいらっしゃるんでしょうね。

中の人:実際、学生の頃に使っていた洗濯機は柔軟剤投入口が隅の方にあったんですが、使い方がよくわかっていなくて通気性的なものに役に立つものと思っていました……花王に入社して洗濯の仕方を改めて学ぶことができました。

菱乃木:そこで「あの穴はそのためにあったんだ!」と気づいたんだね♪

中の人:そうです。私は入社して気づけましたが、読んだほうがいい、説明書や裏能書は。 読まないでいいのはスマホぐらい。

水上:これはうっかりしてしまった時の話なんですが……誤って洗剤投入口に柔軟剤を入れてしまった場合などの対処方法はありますか?

藤原:投入口が取り外せるタイプであれば、取り外して中身を捨てていただければいいと思います。取り外せないタイプの場合には、面倒ですが衣類を一度洗濯機からすべて出していただいて、空のまますすぎをして流していただいた方がいいですね。

菱乃木:思ったより徹底してるんだなぁ。それくらい混ぜちゃいけないってことなんだね。

中の人:先ほども説明させていただいたように、洗剤と柔軟剤はプラスとマイナスの関係のようなところがあるんです。洗濯をしてきちんと干したのに生乾き臭がするといった場合には、実は洗剤と柔軟剤を同時に投入するような使い方をしている場合があるかもしれません。意外とそんなところに落とし穴があるかもしれないので、注意していただきたいですね。

軟剤に使用期限はあるの?

菱乃木:さっすが芳樹クンはこだわってるよね~。こんな風に、洗うものによって柔軟剤の種類を使い分けてる人っているのかな?

中の人:上級者の使い方ですね。でも実際にこういった使いわけをしてくださってる方は確かにいらっしゃいます。

菱乃木:みんなすごいな~。洗濯機のそばにいくつも柔軟剤のボトルがあるのかな。あっ、そういえば柔軟剤って、使用期限はあるの? いくつもあけちゃうと使い切るのに時間がかかりそうだけど?

藤原:基本的には使用期限は定めていませんが、炎天下にさらされたりとても寒いところに置いていた場合には品質が変化してしまう可能性もあります。ですので、購入後はあまり長期間にわたって放置せず、できるだけ早めに使い切っていただくのがいいと思います。

中の人:1年に数回しか洗濯をしない、1年に数回しかその柔軟剤を使わないなどの極端なケースでなければ問題ないと思います。物置段から発掘したものや2年前の…みたいなのはやめたほうがいいかもしれません

水上:詰め替え用の柔軟剤には、例えば「ジェントルブーケの香り」なら必ず同じ「ジェントルブーケの香り」のボトルに詰め替えてくださいと書かれていますが、別のボトルに詰め替えてしまうと何か問題があるのでしょうか?

藤原:そうですね。まず香りや匂いが混ざってしまいます。

中の人:製品や香りが違うと、柔軟剤を構成している物質が異なる場合がありますし、キャップで計っていただく使用量も異なる場合もあります。混ざってしまったり、使用量が変わってしまったりすると、我々が想定していたパフォーマンスが発揮できなくなってしまうこともあるので同じボトルに詰め替えてくださいと記載しています。

菱乃木:インテリアを意識した市販の詰め替えボトルに入れなおして使う人もいるみたいだよね。

藤原:製品としての効果や品質を容器も含めて担保していますので、基本的には別の容器に移し替えずに使っていただきたいですね。パッケージには使用量の目安や使用上の注意なども書かれていますから。

軟剤の正しい使用量は?

水上:使用量についてもう少し掘り下げてもいいでしょうか? 柔軟剤を使う時、気持ち多めに入れれば、香りも増す……というイメージを持っている方もいるかと思うんですが。

藤原:使用量は衣類の量や重さで決まります。パッケージの裏面に洗濯物量何キログラム、または水量何リットルに対して、使用する柔軟剤量の目安が書かれていますので、それを参考にしていただければと思います。

中の人:使用量を確認せず投入口になみなみと注いでしまう方もいますが、あまりいいこととは言えません。物には適量というものがありますので、パッケージの裏面に書かれている使い方で入れていただきたいですね。

菱乃木:入れすぎるとどうなっちゃうの?

藤原:きちんとしたパフォーマンスが出なかったり、香りがきつすぎる、柔軟剤投入口からあふれ出てしまい柔軟剤の原液が衣類について染みになってしまうなどいいことはありません。

水上:まさに、過ぎたるは及ばざるがごとしですね。

発秘話

菱乃木:開発中に、こんな面白い香りがあったよ~というエピソードがあったら是非聞きたいな。

中の人:製品にするかはともかくとして、作ろうと思えば意外とどんな香りでも作れたりします。

藤原:香りの研究所でプロの研究者たちが、斬新な香りも含めて色々な香りを作って持ってきてくれるんです。そのため落とすのは惜しいなと感じる香調が毎回ありますね。

中の人:研究所の方は極めてまともなのでカレーの香りなどは持ってこないですが、作ろうと思えば作れると思います。

水上:カレーの香りは……個性が強いですね。そう考えると、カカオが香る「ドレッシーベリーの香り」は冒険だったんじゃないですか?

藤原:香水のトレンドにカカオが来ているという流れがあったので、少し入れてもいいのではないかと思ったんです。そこで試しに入れてみたらお客様の評価がとても良かったので、採用に至りました。

中の人:柔軟剤といえばフローラルというのが一般的なんですが、ベリーなどのフルーツ系の香りはコアなファンの方も多いです。

水上:香水のトレンドも香りの流行として意識されているんですね。僕はいつもと違う香りの商品を買う前には、必ず店頭でサンプルの香りを試すようにしていますが、店頭の香りサンプルもメーカーとして用意されているものなんですよね?

中の人:そうですね。香りサンプルは洗ったあとの香りを意識して作っています。フタを開けたときに感じる製品自体の香りではなく、洗濯物を干して乾いたあとの香りのイメージですね。

菱乃木:柔軟剤を開発するときの楽しさを教えて欲しいな♪

藤原:お客様が求めている香りに仕上げることが「フレアフレグランス」に求められていることだと感じています。インタビューなどを通してお客様の声を直接聞くように心がけて、ニーズに合致した商品を作れたときは嬉しいですし、そこが面白いところかなと思います。

中の人:みなさんが想像している以上に色々な段階でお客様の声を聴くようにしています。時にはアンケートやインタビュー調査だけでなく、家庭訪問をすることもあるんですよ。

水上:逆に難しいと感じるのはどんなところですか?

藤原:やはり香りの感じ方は個人差が大きいということですね。香料のプロたちが提案してきた香りで私もいい香りと感じ、社内でも評判が良かったのにお客様にはまったく受けなかったこともあります。香りの世界は難しいし、奥が深いなぁと感じますね。

レアフレグランス愛用者のみなさんへ

水上:それでは最後に、「フレア フレグレンス」を使っているお客様、「フレア フレグレンス」を愛するユーザーのみなさんにメッセージをお願いします。

藤原:これからも「フレア フレグレンス」を使い続けてほしいですね。着たときに「フレア フレグレンス」の香りを感じて、汗をかいてしまっていやだなと思ってもフワッと漂う香りで気分転換をして、また頑張ろうと思っていただいたり、今日はいい気分で終われたと思っていただけたらうれしいですし、本望です。

中の人:まずは数ある柔軟剤の中で「フレア フレグレンス」を選んでいただいていることに感謝したいです。人によって香りの持つ意味合いは様々かと思いますが、香りで「元気が出る」「癒された」と言ってくださる方がいらっしゃいます。フレアフレグランスはそのように思っていただける方に寄り添い応援できる存在であれたら嬉しいと思いもいますし、香りセンサーの機能で汗をよい香りに変えてピンチを少しでもチャンスに変えることができればいいなと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

水上:柔軟剤に「ピンチをチャンスに変える」というメッセージが込められている……か。素敵だな。

トップページへ戻る
PAGE TOP